• chochong

10/18院内集会のまとめ“自分たちに出来ること”

10月18日に行なわれた『全ての幼児に「幼児教育・保育の無償化」適用を求める院内集会』には、除外問題を必ず解決しようと外国人学校協議会の会長や副会長が兵庫県から駆けつけた。


外国人学校協議会の愛新翼(あいしん つばさ)会長は連帯の挨拶で「安倍総理自身、多様性に関して積極的なのに、多種多様な教育をしている各種学校は対象外になるというのは理解に苦しむ」とし「このような状況が一刻も早く改善され、子どもたちが健やかに成長できるようご協力願いたい」と訴えた。


ジェイ・バルク副会長はユーモアたっぷりの関西弁で「多種多様」には色んな可能性があるとし「子どもたちの手助けをしているのに、その機会を奪うのは間違ってる。(日本政府が)排除しているとは言わないが、こちら側にとってはそう感じる」と制度の見直しを切実に求めた。


今回の集会には社会民主党、国民民主党、立憲民主党から6人もの国会議員が参席し連帯の挨拶を行なった。