• chochong

広島高校無償化裁判の高裁判決をわかりやすく解説するよ!

10月16日に広島で争われてきた朝鮮学校に対する高校無償化制度適用を求めた裁判の高裁判決が下されました。

まず、広島での裁判過程を振り返ってみましょう。

2013年8月1日:裁判開始(原告に学園と卒業生109人)

2017円7月:広島地裁での判決

内容は原告側(朝鮮学園と卒業生)の請求をすべて却下した敗訴となりました。

2017年8月:高裁へ控訴

今回の判決はこの高裁での結果、ということになります。

「敗訴」

非常に悔しく、腹立たしくもありますが不当判決をうけました。

不当判決といわれても裁判で使われる言葉は本当に難しく、何を言っているのかわからないのが大多数の意見でしょう。どういう理由で負けたのか、東京や大阪の裁判と何が違うのかわかりづらくてしょうがないでしょう。筆者でさえも混乱することが多々あります(汗

なので読者向けに一言で解説すると・・・

一番大事な適用対象になるはずだった根拠(ハ規定)への判断を避け、ウリハッキョに補助金を出しても共和国や総連組織とのかかわりが深くそのお金が適切に運営に使われるかわからない。だから無償化を適用しなくてもいい。という国側の主張を支持した不当な判決となりました。

裁判での争点は大きく4つありました。