• chochong

みんなで力を合わせて

「子どもの権利条約」というものがある事を、正直最近知った。


この条約はその名の通り、子どもの基本的人権を国際的に保障するために定められた条約だ。子どもの権利は大きく分けると、①生きる権利、②育つ権利、③守られる権利、④参加する権利の4つ。つまりこの条約では、この4つの子どもの権利を国際的に保障してくれるということ。


この「子どもの権利条約」が締約国でしっかりと守られているか定期的に審査するのが「子どもの権利委員会」である。


この国連・子どもの権利委員会が「子どもの権利条約」の実施状況に関する日本の報告書審査を行ない、その場に国連朝鮮学校学生・オモニ代表団が参加するという話を聞かなければ、自分とはずっと縁遠いものだと思っていたに違いない。


審査が行なわれるのはスイス・ジュネーブ。

しかも、代表団はただ傍聴するのではなく、実際にその委員会の人達に朝鮮学校に通う子ども達の現状を知ってもらう為にロビー活動も行なう。


英語教師だったアボジとオモニの願いも虚しく、一切の英会話能力を持たない自分にとっては想像も出来ないような活動だ。


各地ではこの代表団を送るための「ワンコイン運動」なども行なわれ、自分も代表団として参加は出来なくとも、応援する気持ちをめいっぱい込めて微力ながら募金させて貰った。


こういう時、改めて同胞たちは力を合わせて頑張ってるんだなと実感する。


自分の得意分野や実力を活かして同胞社会に貢献したり、自分たちの想いを込めて募金活動を行なったり、それぞれが同胞社会の為に出来ることを頑張っている。


きっと朝青である自分には、出来る事がもっとたくさんあると思う。

これからも朝青の可能性や出来る事を模索し続けながら、同胞たちの為に頑張ろう。


----------------


この審査の場に参加した国連朝鮮学校学生・オモニ代表団(総勢7名)による、その時の概要と代表団の活動について朝鮮新報で紹介されたので、是非ご一読ください!

http://chosonsinbo.com/jp/2019/01/csg0126/


(2019.1.29 趙)

最新記事

すべて表示

広島高校無償化裁判の高裁判決をわかりやすく解説するよ!

10月16日に広島で争われてきた朝鮮学校に対する高校無償化制度適用を求めた裁判の高裁判決が下されました。 まず、広島での裁判過程を振り返ってみましょう。 2013年8月1日:裁判開始(原告に学園と卒業生109人) 2017円7月:広島地裁での判決 内容は原告側(朝鮮学園と卒業生)の請求をすべて却下した敗訴となりました。 2017年8月:高裁へ控訴 今回の判決はこの高裁での結果、ということになります

幼保無償化適用への新たなステージ。ネット署名が複数あるけどなにが違うの?-これを読んで新たな署名に賛同しよう-

2020年10月を迎え、≪記念すべき1周年≫を迎えてしまいました。 世界がコロナコロナしている間に、昨年10月に始まった幼児教育・保育の無償化(以下、幼保無償化)制度実施から、早!1年が経ってしまったのです!!!!だから《》がついてます。 これは由々しき事態です。コロナで活動に制限が多い中、ウリの尊厳や権利はまた奪われたまま一日一日が過ぎ去ってしまうのでしょうか!? いいや、そんなわけにはいかない

여기는 우리 말페지용 링크입니다.
ここはウリマルのページにリンクしています。

© 2018 chochong. All Rights Reserved.